我々の奇跡君には敵わないのであった。

我々には怪奇ちゃんがある。
ある日、橋渡し部のAちゃんが愛車不幸に遭った翌日「Aちゃんの傷、ヤバイみたいですよ。橋渡し部の他人に聞いたんですけど”うこつ”を折ったって行ってました」と、言ってきました。
「”うこつ”?」と、訊くと「よし、橋渡し部の他人がこう、右手の肩を指差して『ここが折れた』って」と、ゼスチャーして答えてくれました。
「そこは鎖骨でしょ」と、指摘を入れたら主人はまぶたをまん丸にして「え?!右手だから”うこつ”じゃないんですか?!」と、真剣に訊き返してきました。
主人は表現で左手骨、右手骨と今まで思っていたとの事です。
また別の日には「あーケンコウ骨が痛いー」とぼやいていました。
「どんどん座りっぱなしの仕事だからね」と返してあげたら「ケンコウ骨がきついからあたし疾病ばかり始めるのかなあ?」と、言ってきました。
当然「うん?ケンコウ骨のケンコウはそのボディーとは違うよ」と、本当にツッコんであげました。
しかし主人は予め、肩甲骨をボディー骨と勘違いしていたのでした。
可愛い怪奇ちゃんです。借金問題電話無料相談